インバウンドニュース

2017年9月 訪日観光客2000万人突破!!

日本政府観光局(JNTO)によると、1月から9月の年間累計は17.9%増の2119万6400人に達し、昨年同月と比べて320万人以上増加し、過去最速での2000万人超えとなったことを発表しました。

また2017年9月の訪日外国人数は昨年9月の191万8000人から18.9%増え228万人と9月として過去最高を記録しました。

 

9月の市場トップは前月と同じく中国でした。

中国からの旅行者数は678,300人、続いて多かった韓国は556,900人、次いで台湾が人、香港が165,500人となり、これら東アジアの4か国・地域で全体の76.7%を占める形となりました。

 

前年比と比べて増加人数が一番大きかったのは中国で155,998人増(前年比伸び率29.9%増)、次いで韓国が126,286人(前年比伸び率29.3%増)、続いて香港が34,563人増(前年比伸び率26.4%増)そのほか、調査対象の重点20市場すべてで9月として過去最高を記録しました。

 

特に韓国は9月までの累計が過去最高だった昨年の年計(509万人)を早くも超え、前年比4割増の521万7700人となりました。

 

JNTOでは東アジア市場について、昨年は9月だった祝日が今年は10月に動いていることで旅行機会が縮小したものの、訪日クルーズや航空路線拡充などが功を奏して訪日外国客数全体の伸びをけん引したとしています。

なんば戎橋筋商店街「体験博2017」

10月5日~11月4日大阪・ミナミの繁華街、南海電鉄なんば駅前の高島屋大阪店と道頓堀をつなぐ「なんば戎橋筋商店街」で「体験博2017」が開催されています。

名物商品作りなど普段はできない体験を通じた“コト消費”を取り入れた活性化に力を入れ、大型商業施設やインターネットの通信販売に流れがちな地元客を取り込み、訪日観光客だけでなくグルメや学び、街歩きなど多様な体験プログラムを通して地元客にも愛される商店街にと平成22年に始まり、春と秋に開催されています。

当初はミュージシャンらを招いていたりしましたが、今では体験講座を中心に買い物客ら約千人が参加し、コーヒーチェーン大手など近年進出した店によるイベントや着物でのミナミ散策などが行われています。

【関連ページ】

秋の体験博2017 – 戎橋筋商店街 – 体験博

 

JRが訪日観光客向けに新しいフリーパスを販売予定

JR東日本、JR北海道は北海道新幹線の開業に合わせて、訪日外国人旅行者による北海道道南エリアと東北地方の広域周遊旅行を楽しめる、フリーパス「JR Tohoku-South Hokkaido Rail Pass (JR東北・南北海道レールパス)」を2018年4月1日から販売します。

価格は海外発売と国内発売で異なり、海外販売では大人(12歳以上)26,000円、子供(6~11歳)13,000円で、国内販売では大人(12歳以上)27,000円、子供(6~11歳)13,500円となります。

この商品の有効期間は発行日から14日間のうち任意の6日(フレキシブル6日)になる予定です。
※発行日とは、海外発売の場合は引換日、国内発売の場合は発売日となります。

対象になるのはJR北海道線、JR東日本線(BRT含む)、伊豆急行線全線、東京モノレー ル線全線、青い森鉄道線全線、IGRいわて銀河鉄道線全線及び仙台空港鉄道線全線の 特急(新幹線含む)・急行列車・普通列車の普通車指定席で乗り降り自由になります。
また、東 武相互直通特急「日光号」「スペーシア日光号」「きぬがわ号」「スペーシアきぬがわ号」 等の特急列車の普通車指定席にも乗り降り自由になります。
※道南いさりび鉄道は利用できません。

購入資格は日本国以外のパスポートを所持する外国籍保有者で、日本滞在日数が90日以内の短期滞在者を対象として発売するので、引換・購入時にはパスポートの提示が必要となります。
発売期間は平成28年4月1日(金)〜通年で、利用期間は平成28年4月1日(金)~通年を予定されています。

ゴールデンルート以外の地域への訪日観光客誘致も活性化されそうですね!

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

【参考記事】
https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160105-3.pdf

旅行者が選ぶ2017年 日本の博物館・美術館 Best 10

10月5日に世界最大の旅行サイト”トリップアドバイザー”がサイト上に投稿された世界中の旅行者の口コミ評価をもとに博物館・美術館をランキング化し「トリップアドバイザーの口コミで選ぶ 世界の人気博物館・美術館2017」を発表しました。

 

その中で日本国内の人気博物館・美術館2017も選定されており、2位は箱根彫刻の森美術館、3位はサムライ ミュージアムとなりました。気になる1位は以下の地図の位置から施設名を当ててみて下さい!4位~10位も地図上で見ることができます。

トリップアドバイザーの各施設のリンクページも地図で閲覧できるので口コミも是非見てみて下さい!

 

※この調査は1年間(2017年1月~12月)にトリップアドバイザー上の博物館・美術館で投稿された世界中の旅行者の口コミ評価(5段階)の平均、投稿 数などをもとにトリップアドバイザー独自のアルゴリズムで集計されているものです。

 

【関連サイト】

地図で表示する

ロボットが民泊運用をサポート【民泊 Iot 最前線】

ロボットを活用して民泊の業務をサポートする実証実験を2017年10月19日からヤフーとスマートロボティクス社が開始することを発表しました。

ロボティクス社の民泊用IoTロボット「PAKKUN」を通じて、ヤフーが企業向けに提供するIoTプラットフォーム「myThings Developers」を活用した実証実験を行います。

 

今回検証される機能としては

⑴「Yahoo!天気・防災速報」を使ったゲストへの天気・防災情報の提供

⑵消耗品の減少感知を行い「LOHACO」を使った発注補助業務

⑶「NETATMO」を使った騒音への注意喚起

⑷家電のモニタリングとホスト側での制御機能

⑸英日翻訳機能

などの検証が行われる予定です。

 

またスマートロボティクスでは実証実験で取得したデータをもとに「PAKKUN」のバージョンアップを予定しており、ロボット型コンシェルジュによる宿泊台帳記帳機能やスマートロックをもちいた鍵の遠隔自動チェックイン機能を搭載し2018年春ごろより一般の民泊ホストへの販売を展開する予定です。

 

「PAKKUN」は民泊ホストの運営上の課題として挙げられているゲストの安全確保や、周辺住民への騒音の配慮などを解決する存在として注目を集めて行きそうですね。

指紋認証だけで決済ができる?!

クレジットカードやパスポートIC情報を登録することで、指紋認証だけで宿泊先のパスポートチェックや決済ができる「Touch&Pay(タッチアンドペイ)」というサービスをご存知でしょうか?

LIQUID(リキッド、東京都千代田区)の手がける「Touch&Pay(タッチアンドペイ)」は経済産業省が推進する「IoT活用おもてなし実証事業」に採用され、新機能開発のため4月から中断していた同サービスの運用を1日から再開しました。

今回は指紋やICカードでロックを解除するスマートキーと生体認証を連動させた機能や指紋情報に自治体などが発行するエリア独自のチケット情報を登録する機能などが新たに追加されました。
様々な場面でストレスフリーな仕組みが生まれそうで今後の発展がとても楽しみなサービスですね!

Touch&Pay
http://miqip-info.jp/jp/service10/

訪日観光客向け 高速乗り放題パス「Japan Expressway Pass」

国土交通省は2017年9月26日に訪日外国人旅行者向けに全国の高速道路乗り放題パスの販売を2017年10月13日からスタートすること発表しました。

高速道路の乗り放題パス「Japan Expressway Pass」はレンタカーを利用する訪日観光を対象に国内275店舗のレンタカー会社で申し込みができるようになります。

「Japan Expressway Pass」の料金は2万円(連続する7日利用)と3万4000円(連続14日利用)の2つの料金パターンで販売される予定です。

 

利用対象者は日本以外のパスポートを持っている方か日本以外に永住権をお持ちの日本人でかつ日本で利用可能な運転免許を保持している方に限ります。

 

利用するまでの4つステップが必要になります。

【Step⓵】 予約する店舗を選定する

取り扱い一覧はこちらから↓

※注意:スマートフォンで閲覧の方は2本の指でスクロールして下さい!!

【Step②】 Japan Expressway Pass取扱店舗に電話して予約する

この3点を予約して下さい。

・レンタカー(※レンタカーは普通車限定)

・ETCカード(※高速道路料金支払い専用ETC)

・Japan Expressway Pass

【Step③】 利用当日にレンタカー店舗で手続きをする

手続きを行う際には以下の4つ行います。

1_支払いをする

2_Japan Expressway Passの申込みをする

3_利用方法の説明を受ける

4_利用約款等の説明を受ける

【Step④】  レンタカーにETCカードを取り付ける

 

返却時はレンタカーとETCカードを返却し、Japan Expressway Pass適用外の区間を利用された場合は、その料金を支払い返却は完了します。

 

1日あたり7日間の乗り放題パスで約3,100円、14日の乗り放題パスで約2,600円なので大阪で契約して滞在中に関西の様々なエリアを観光するならお得かも知れませんね!

【外部リンク】

Japan Expressway Pass

SNSの○○から見る外国人観光客の行動

外国人観光客向けの人気スポットなどのランキングはよくあるが、違う視点で外国人観光客の行動を分析した興味深い調査がある。RJCリサーチとナイトレイは、訪日外国人観光客がSNSで発信した投稿を分析し、「インバウンドレポート(2016年7~9月期)」として発表した。SNSの発信地を分析するというのは新しい試みである。

「リア充」感を発信

調査によると、発信地のランキング1位は、「東京ディズニーランド」。2位は大阪のUSJ、3位は富士山である。京都の観光地、特に人気がある清水寺はなんと11位であった。アトラクションなどで楽しんでいる姿をSNSで発信したいという気持ちが強いのだろう。3位の富士山についても登頂したという達成感をSNSで発信したいという気持ちの表れに違いない。SNSで何かを発信するという感覚は日本人とさほど変わらないのでないだろうか。日本人のSNSの発信地についても是非調査をして頂きたい。

 

【外部リンク】

https://www.travelvoice.jp/20161109-77627

「Wi-Fi」×「自動販売機」で新たな観光案内を

アサヒ飲料はWi-Fiを搭載した飲料自動販売機を通じて、中国語、韓国語、フランス語など17言語で観光案内などを提供する「フリーモバイルナビ」サービスを始めた。インバウンドの増加を受けて、自販機に機能を付加し利便性の向上を狙う。

Wi-Fi環境の整備にも繋がるサービス

観光地が多く外国人観光客から人気の日本だが、観光客向けのWi-Fi環境が整備されていないのが課題である。徐々にFree Wi-Fiへの動き出しはあるがまだまだ足りていないのが現状だ。アサヒ飲料はこの課題を解決するために、Wi-Fiを持つ自販機を20年までに2000台の設置を目指す。

自販機の設置は都市部では飽和状態になっており、アサヒ飲料は今回のサービス導入で他社との差別化を図る狙いだ。日本人にとっても多くの場所でFree Wi-Fiが導入されることは嬉しいことだ。ただ、サイバー上のセキュリティには万全の対策を施して欲しい。

 

【外部リンク】

https://newswitch.jp/p/6769

多言語を自動翻訳する「メガホンヤク」

パナソニックは、メガホン型の自動翻訳機「メガホンヤク」のサービスを発表した。対応言語は英語、中国語、韓国語の3言語で、本サービスは12月20日から始まる。訪日外国人観光客の増加に伴い、通訳・翻訳への需要は高まっている。

気になる機能と契約内容

翻訳機には誘導や案内用の定型文300個が内蔵されている。日本語で音声入力すると自動翻訳し、スピーカーから日本語を含む4言語で再生する仕組みだ。定型文を追加することも可能で利用者にとっては非常に使いやすいツールだ。2015年から試験運用を重ね、実用性をより高めた。

企業、団体と法人契約を結び、駅や空港、観光地での利用を想定している。 定型文の更新といったメンテナンスも含めた3年契約で、支払価格は月額1万円台後半の予定。各観光地で導入されることになると、訪日外国人観光客への対応も安易になるに違いない。

【外部リンク】

http://www.sankeibiz.jp/business/news/161118/bsc1611180500006-n1.htm